記事内に広告が含まれています。

【OuterWilds攻略】南部観測所に行く方法(脆い空洞)

【OuterWilds攻略】南部観測所に行く方法(脆い空洞) ゲーム攻略情報
ゲーム攻略情報

脆い空洞の南部観測所に行く方法です。

★ OuterWildsのプレイ日記一覧
★ 【OuterWilds記録番外編】Nomaiの人々の役割や関係性をまとめる

スポンサーリンク
     

①:量子知識の塔の地上部に着陸し地殻下へ

量子の岩がある開けた場所が、量子知識の塔の地上部(屋上)になります。
写真奥の舞台のような場所です。

その周りに階段があるので、そこから地殻下に入ります。

地殻下に入ったらエレベーターが目につきますが、
そこを素通りして奥に進みます。

     

②:地殻下に入ってから壊れた通路を使用するまで

エレベーターを素通りして奥に進んでいくと、道が途中で行き止まりになってしまいます。

行き止まり

崩れて途切れてしまっている道をジェットパックで通過。(写真の対岸の場所まで飛ぶ)

そこから階段を降りると通路のスイッチがあるので

通路のスイッチ

これを上側に入れます。

すると2つの通路が起動します。

乗るのは奥の通路ですが、

この通路はどっちも壊れていますので、
もうブラックホールに落ちたくない!と思っている人はまだ乗らないでください。
一旦この記事で通路の行方を確認してから乗ってください。

奥の上向きの通路に乗ります。

乗りますが、この通路は壊れているのですぐに空中に放り出されます。

カゲノ
カゲノ

画像よりもう少し早く来ると、奥に2つの通路が見えることもあります。今回は遅れたので右側の通路しかなくなっています。

放り出された状態から、ジェットパックをうまく使って、奥に青白く出ている通路の方向を目指します。

画像のように足場を目指して飛んでも良いですし、
通路に落ちていけば勝手に陸まで送ってくれます。

カゲノ
カゲノ

私の体感では足場を直接目指す方が楽でした。

ここまで読んだらもう通路に乗って大丈夫です。

     

③:足場を渡る

最初の足場に到着すると、ここの壁に重力水晶があるので、壁を登っていきます。

分かりにくいので一旦行き止まりまで直進してから振り返って下を見てください。

すると、先ほどの場所より一段高い場所に足場があるのが分かります。
ここに降りてください。

この場所の降りると周りに複数の足場があることが分かります。

ここからジェットパックで足場をいくつも渡っていきます。

順番などは問いませんが、
重要なのは南極方向へ向かうことです。

なるべく安全で近い、南側の足場に飛び移ることを続けていれば目的の場所に到着できます。

灯りが立っている氷壁を見つけたら一旦ゴールです。

     

④:重力水晶の氷壁を登る

灯りの場所にジェットパックで飛び移ります。

ここから周りを見渡すと、
重力水晶のついている氷壁を見つけることができます。

ジェットパックでここに体当たりをするつもりで飛んでいけば、
この氷壁に足を着くことができます。

ここから重力水晶の道が続いていますが、幽霊物質があるのでこれを避けて通る必要があります。

幽霊物質を検出の表示が出たら辺りを見回してください。

飛び移る足場

↑このような足場があるので、ここに飛び移ります。

カゲノ
カゲノ

なるべく対面の高い場所から飛べば安全です。

次はまた重力水晶の氷壁に戻るのですが、幽霊物質に当たらないように…

↑画像の右半分のような場所なら幽霊物質はないので絶対に安全です。

不安であれば偵察機で幽霊物質がどこにあるか確認してから飛び移りましょう。

     

⑤:観測所目前の雪道〜南部観測所入り口

氷壁を登ると木の並んだ雪道が出現します。

雪道

道を進んでいくと途中で道が途切れています。

行き止まり
最初の行き止まり

ここまで来て落ちるのは怖いですが、
上方向に足場があるのでそこまでジェットパックを使ってジャンプします。

次は対面側の上方向に足場があります。

灯りを目印にしてください。
結構離れていますが気をつけながらジェットパック。

カゲノ
カゲノ

一番恐ろしいのは勢いをつけすぎて足場より随分上の壁に激突からの反動バウンドで落下…です。お気をつけて。

そして次は少々分かりづらいですが、
建物から伸びている道の足場を目指します。

↑赤丸のところが足場になっています。

そこに渡って壊れた建物に入り2階に上がって見上げると、エレベーターが。これが南部観測所の入り口です。

ジェットパックでここまで登れば南部観測所に到着します。

画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
©  2020 Mobius Digital, LLC. Published by Annapurna Interactive under exclusive license. All rights reserved.